冷蔵倉庫は、水産物、畜産物、農産物や冷凍食品等の低温保管に必要なインフラであり、食の安全・安心に寄与し、コールドチェーンの中で重要な機能を果たしています。

団体保険制度の募集案内

 
日本冷蔵倉庫協会には、下記の4つの団体保険制度があります。
 
1.冷蔵倉庫業者賠償責任保険(冷賠責)       ≫パンフレット
 お客様(寄託者)からお預かりしている貨物(受寄物)に不測の事故が発生した場合に、冷蔵倉庫事業者が法律上の賠償責任を負担することによる損害を対象とします。
 
2.冷蔵倉庫等施設所有管理者賠償責任保険(施賠責) ≫パンフレット
 会員事業所の所有、使用、管理する工場施設に起因する対人・対物事故により、冷蔵倉庫業者が法律上の賠償責任を負担することによる損害を対象とします。
 また、任意(オプション)プランとして構内専用車(主にフォークリフト)に起因する賠償事故により冷蔵倉庫業者が法律上の賠償責任を負担することによる損害についても対象とするプランも用意しております。
 
3.自家貨物動産総合保険(自動総)         ≫パンフレット
 保管する自家貨物について生じた偶然の事故による損害を対象とします。
 
4.冷蔵倉庫等団体機械保険(機械保険)       ≫パンフレット
 冷蔵・冷凍機械設備について不測の事故が発生した場合に、修理費用、新規入替費用等の損害を補償します。
 
※保険加入ご希望の方は、「対応依頼票」に必要事項をご記入の上、日本冷蔵倉庫協会総務部あて(FAX:03-3536-1031)にお送りください。
 

 

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3536-1030 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP