冷蔵倉庫は、水産物、畜産物、農産物や冷凍食品等の低温保管に必要なインフラであり、食の安全・安心に寄与し、コールドチェーンの中で重要な機能を果たしています。

社会インフラへの貢献

(2)社会インフラへの貢献

1.冷蔵庫や冷蔵倉庫がなかったら、私たちの食生活はどのようになるのでしょうか?
私たちの家(冷蔵庫がなかったら)
  • 生鮮食品は毎日買わなければなりません。
  • 冷たいお水や氷など飲んだり食べたりすることができません。
  • アイスクリームはお店で買ってすぐに食べないと溶けてしまいます。
私たちの街
  • 近くに食材の産地がある地域の人しか新鮮なものを食べれません。
  • その食材の収穫される時期しか食べることができません。
  • 海外から食材を輸入することができません。
  • 塩蔵したり乾燥させたものでなければ流通できず生鮮食品が食べられなくなります。
2.なぜ、冷凍保管すると日持ちするのでしょうか?
冷凍保管することにより、細菌の繁殖を抑えると同時に、その食品の酸化や酵素反応などによる品質変化を抑制して、最初の品質を長期間保つことができます。
国の法律でで冷凍食品の冷蔵・冷凍設備要件として-15℃以下と規定していることは、これらのことと関係があります。
3.冷蔵倉庫で保管するものにはどんなものがあるのか?
農水産物、畜産物、冷凍食品等の他に濃縮果汁、ケーキの台やアイスクリーム等の加工食品もあります。もし、冷蔵倉庫がなかったら全国でアイスクリームを食べられないかもしれません。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3536-1030 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP